代々木アニメーション学院は何歳から入れる?入学方法などを解説します!

代々木アニメーション学院は、1963年創立の老舗の声優育成所です。中学卒業以上が入学資格で、書類審査と実技試験による厳しい選考があります。発声法や演技、フィジカルトレーニングなど、幅広い授業を2年間かけて徹底的に学べます。アフレコスタジオやダンススタジオなど設備も整っており、実践を重視した環境が用意されています。プロを目指す人には最適な声優専門学校といえるでしょう。

代々木アニメーション学院の評判や口コミが気になる方は以下の記事で解説をしています。

代々木アニメーション学院の口コミを紹介!利用者の評判を徹底調査!

第1章 代々木アニメーション学院とは?

代々木アニメーション学院は、東京都渋谷区に位置する声優を目指す人のための専門学校です。1963年に設立され、長年の実績と経験を持つ老舗の声優育成所として知られています。

この学院では、声優を志す生徒に対して、声優としての基礎から実践までの幅広い指導を行っています。声優という仕事は、アニメやゲーム、ナレーションなど、様々な分野で活躍できる魅力的な職業です。しかし、プロとして活躍するためには、発声法や演技力、フィジカルトレーニングなど、さまざまな技術を身につける必要があります。代々木アニメーション学院では、それらの技術を徹底的に学ぶことができます。

第2章 代々木アニメーション学院の入学資格と選考方法

代々木アニメーション学院の入学資格は、中学卒業以上(中学卒業見込みを含む)となっています。年齢制限はありませんが、中学生や高校生の入学も多くあります。

入学選考は、書類審査と実技試験があります。実技試験では、朗読やセリフ演技などの試験があり、声優としての素質と可能性を見るためのものです。ここでは、発声力や表現力、集中力などが問われます。また、一次試験に合格した人は、最終面接もあります。

選考は厳しいですが、代々木アニメーション学院は個性や可能性を大切にしています。面接では、声優を目指した理由や熱意も評価されるでしょう。

第3章 代々木アニメーション学院のカリキュラムと授業内容

代々木アニメーション学院のカリキュラムは、声優を目指す上で必要なスキルを徹底的に鍛えるものになっています。主な授業内容は以下の通りです。

・発声法、呼吸法、フィジカルトレーニング
・朗読、セリフ演技、アフレコ実習
・芝居やダンス、ボイストレーニング
・作品分析、作品制作
・マナー講座、メイク実習

実際の現場を想定した実践的な授業が多く、少人数制で徹底した個別指導を受けることができます。1年次から声優としての基礎を学び、2年次以降は実践的な演技の指導が中心になります。また、プロの現役声優や監督による特別講義もあり、業界の最新事情を学ぶことができます。

卒業までの2年間、学生は代々木アニメーション学院で集中的にトレーニングを受けることになります。

第4章 代々木アニメーション学院の施設・設備

代々木アニメーション学院の施設は、声優育成のためにしっかりと整備されています。

まず、学院にはアフレコスタジオが完備されており、実際のアニメ制作現場と同じ環境でアフレコの練習ができます。音響設備はプロ仕様で、自分の演技を客観的に聞くことができるのが特徴です。

また、ダンススタジオや舞台もあり、声優に必要な身体能力を鍛えられます。さらに、マルチメディア教室では、作品の音声編集などの実習も行えます。

その他、学生食堂やラウンジなども用意されており、充実した環境で学生生活を送ることができます。

代々木アニメーション学院は施設面でも手厚いサポートを提供し、声優を目指す学生が存分に実力を伸ばせるよう配慮されています。

第5章 代々木アニメーション学院の卒業生の活躍

代々木アニメーション学院は、数多くの実力派声優を世に送り出してきました。卒業生の中には、人気アニメやゲームのキャラクターを演じた声優も多数いるのです。

例えば、大人気アニメ「進撃の巨人」の主人公エレンを演じた梶裕貴さんは、代々木アニメーション学院の卒業生です。エレンの怒りに満ちた熱い演技は多くのファンの心を掴みました。梶さんは「アニメに命を吹き込む魔法のようなもの」と話しており、代々木アニメーション学院で学んだ演技力の大切さを実感しているようです。

また、ゲーム「NieR」シリーズで人気キャラクターを演じた石川由依さんも卒業生の一人です。さまざまな感情を見事に表現する彼女の演技力は定評があり、「NieRオートマタ」では主人公のヒロイン2B役を熱演しました。

その他にも、「鬼滅の刃」の竈門炭治郎役の花江夏樹さんや、「ジョジョの奇妙な冒険」のジョナサン・ジョースター役の小西克幸さん、「Re:ゼロから始める異世界生活」のレム役の新井里美さんなど、代々木アニメーション学院の卒業生は大作アニメの主役級キャラクターを多数演じています。

このように、代々木アニメーション学院の卒業生は第一線で活躍する実力派揃いです。学院の指導を受けて培った確かな演技力と発声力、そして熱い情熱が評価されているのでしょう。

第6章 代々木アニメーション学院への入学手続き方法

代々木アニメーション学院に入学するための手続きは以下の通りです。

まず、学院のウェブサイトからエントリーシートをダウンロードし、必要事項を記入します。そして出願書類とともに学院に郵送します。主な提出書類は、履歴書、成績証明書、志望理由書、顔写真などです。

出願が受理されると、学院から実技試験と面接の日程が通知されます。実技試験では発声や朗読、セリフ演技などの課題があり、面接では声優を目指す動機や意気込みを聞かれます。合格発表は、試験の約1か月後になります。

一次合格者は、さらに入学手続きを進める必要があります。入学金や授業料の支払いのほか、学生証の受け取りなどの手続きを行います。春期入学なら1月中旬頃、秋期入学なら7月中旬頃の手続きになるでしょう。

代々木アニメーション学院は2年間の専門課程ですが、実技試験や入学手続きを通して、本気で声優を目指す意欲ある人を選んでいるのがわかります。不合格になっても、諦めずにもう一度チャレンジすることが大切です。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です